カウンセラー養成 入門編

『今の自分を知る』ことから始めよう

入門講座について

わたしたち人間は、意外と自分のことを知っているようで知らないものです。そして、ありのままの自分を知らないがために、無意識の中から様々な悩みや問題として表面に現れてきます。そこで入門講座では、まず『今の自分を知る』ことに重点を置き、さらに「カウンセリングとは実際どのようなものか?」ということについて症例などを紹介しながら分かりやすくお伝えしていきます。

この講座では深層心理が見える『投影法』や上手な聞き方『アクティブリスニング』、自己受容を体験する『ライフライン』などのカリキュラムがあります。

入門講座の概要

全4単位(1単位につき約2時間。1週1単位、計4週)
月曜日は朝(10:30~)、昼(14:00~)、夜(19:30~)
土曜日は昼クラスのみ。
受講料:19,000円(教材費・税込)

1.自分を知る - TAエゴグラム診断

質問に○・△・×で答えるだけの簡単なテストで今の自分の状態を知り、これまで知らなかった自分を発見することができます。さらに、人の心はどのような構造になっているのか?心の仕組みについて、事例をふんだんに織りまぜながら解説していきます。

2.聴き上手になる - アクティブリスニング

相手の話を聴くことは、人間関係を円滑にするためにも必要なことです。そこで、いかにわたしたちは人の話を聴いているようで聴いていないかを実体験を通して知り、人の心を開く上手な聴き方を学びます。

3.絵を描いて知る深層心理 - 投影法(バアムテスト)

様々な悩みや問題は、心の深層にある無意識の中から出てきます。そこで、むかし懐かしいクレパスを使って色を塗ったり絵を描いたりして深層心理に触れる体験をします。知らず知らずのうちに『こだわっているもの』や『とらわれているもの』に気づきます。

4.自己開示 I am OK! - ライフライン

これまでの半生を振り返り、ありのままの自分を受け容れる体験をします。また、これからの主流になりつつある『マイクロカウンセリング』について症例を含めながら紹介していきます。